壊血病とは松果体活性化研究所

用語辞典

壊血病とはビタミンC不足で起こる病気【免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる】

壊血病とは

壊血病とはビタミンC(アスコルビン酸)の欠乏状態が数週間~数カ月続くと出血性の障害が体の各器官で起こる病気である。

健康な成人には900~1500mgのビタミンC(アスコルビン酸)が常に存在し、体内に存在するアスコルビン酸量が500mgを下回ると以下の様な症状が起こる。

壊血病が原因で起こる病気

  • 脱力感
  • 体重の減少
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 皮膚や粘膜、歯肉の出血
  • 歯の脱落
  • 口臭の悪化
  • 毛包性の過角化、螺旋状毛髪、毛包周囲の出血
  • 傷や怪我が治りにくい
  • 貧血
  • 免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる
  • 古傷が開いたり骨折して治った骨が剥がれる

出展元:Wikipedia

松果体が活性化する食べ物【抗酸化作用の高い栄養素と食品一覧】の記事に戻る

-用語辞典
-,

© 2021 松果体活性化研究所