松果体を活性化させる方法まとめ

松果体とは 松果体を活性化する方法

【第三の目サードアイ覚醒】松果体を活性化する方法まとめ | 松果体活性化研究所

2020年12月23日

松果体を活性化する方法まとめ。

松果体を活性化させる方法まとめ

松果体を活性化させる方法1【ファスティングでオートファジー発動デトックス】

なぜファスティングが松果体活性化に効果があるのかというと、ずばりデトックスとオートファジーである。ファスティングを行うと体の細胞やアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβやタウなど脳内の老廃物をデトックスできるからである。

他にもオートファジーの効果は活性酸素を発生させる古くなったタンパク質や古く質の悪くなったミトコンドリアをかき集め新品にリサイクルできる。

どんなに抗酸化作用の高い食品素晴らしいスーパーフードを摂取しても体内や脳細胞がゴミだらけなら松果体活性化どころか認知症の原因を抱えたまま健康だと勘違いし続けて老いていく可能性が高い。

ファスティングなしで1日3食食べ続けていたら、健康オタクぶっていてもメタボリックシンドロームや癌、糖尿病、自己免疫疾患、心筋梗塞や狭心症などの心血管疾患、脳梗塞や脳卒中などの脳血管疾患、膠原病や関節リウマチ、パーキンソン病などの難病、腎臓病や肝硬変などの生活習慣病にかかるリスクが高い。

まずは1日3食から脱却する事をおすすめする。朝食を抜くだけの1日2食なら簡単にできる。まずは16時間のまとまった空腹の時間を確保する事を意識するといい。そうするとオートファジーが発動する。

 

松果体を活性化させる方法2【抗酸化作用の高い食品】

抗酸化作用の高い食品の摂取は体内の活性酸素を除去して体の酸化を防いでくれる。体が酸化すると血管が動脈硬化を起こし酸素や栄養素を運び老廃物を排出する赤血球が破壊され、癌細胞が増殖し癌や糖尿病、認知症の原因になる。

酸化した食品による活性酸素発生と糖化した食品(AGE)の摂取は相関性があり、お互いに悪い特徴を引き出し合い相互に体に悪い反応を起こし万病の原因となる。酸素や栄養素を細胞に運び、老廃物を持ち帰る赤血球が破壊され、赤血球のルロー化により毛細血管を通れなくなったら臓器や消化器官、細胞に栄養がいかず老廃物も排泄できず、癌細胞が増殖しDNAを傷つける。

それが松果体にもいいはずはない。よって、体が酸化すると松果体他脳細胞にも悪影響を及ぼすと考えられる。抗酸化作用の高い食品はビタミンACEやポリフェノール、ファイトケミカルなどが挙げられる。

 

松果体を活性化させる方法3 【ケイ素(シリカ)】

ケイ素(シリカ)は水晶から構成されている。松果体もケイ素で構成されている。その為、ケイ素の摂取は松果体を活性化させると考えられている。ただし、粗悪で質の悪いケイ素が出回っているので中尉が必要だ。

 

松果体を活性化させる方法4 【運動】

適度な運動を日常的に行うと体内の血行や血流を良くして栄養素や酸素の循環を良くして老廃物のデトックスも促進してくれる。松果体も体の脳の器官なので栄養素や酸素の運搬や老廃物の排泄がスムーズに行われると松果体の働きもよくなり活性化に繋がると考えられる。

もちろん過度なハードトレーニングは活性酸素を発生させるので程々にするべきであると忠告しておく。ウォーキングや軽いジョギングや球技などのスポーツを楽しむ事はおすすめだ。

松果体を活性化させる方法5 【アーシング】

アーシングにより体内に蓄積した電磁波や静電気を放電できるので定期的なアーシングは体と健康、松果体のメンテナンスになる。しかも費用もかからず近所の公園でもできるので週に一度は公園で裸足になりアーシングする事をおすすめする。

もちろん、山や海、川など大自然の中アーシングを行うと効果も格別でマイナスイオンのパワーや氣のチャージができるので1ヵ月に一度は大自然の中アーシングをしたいものである。登山は運動もアーシングも温泉も一度にできるので本当に心からおすすめする。

さらに、アーシングは血液のルロー化を解除すると考えられるので、健康効果はもちろん松果体活性化についても効果があると考えられる。

 

松果体を活性化させる方法6 【温泉】

温泉は温浴療法で癌予防にもなる事で有名だ。癌細胞は39℃で死滅し始め41℃で全滅する。人間の体温は42℃以上にならないがそれはタンパク質が42度で固まり始めてしまうので人間は体温42℃以上で生存できない為だ。

温泉は天然のミネラルを豊富に含んでいる為天然のミネラルを経皮吸収できる。温泉が健康にいいのはミネラル分が含まれている為だ。湯冷めがしにくいのも同じ理由だと考えられている。流れ出た汗には体から排泄された毒素がわずかに含まれているが、運動やサウナだとすぐに再び経皮吸収されてしまう。

しかし温泉はその場でお湯が流してくれるので再吸収の心配がないのでデトックスにも有効だ。これにより脳内の老廃物もデトックスでき、さらに温泉に浸かっていると瞑想もできるので松果体活性化に効果があると筆者は考えている。

 

松果体を活性化させる方法7 【太陽凝視】

太陽凝視は松果体を活性化させるヨガとして存在する行法である。しかし、初心者が長い時間太陽凝視すると大変危険なので日の出後の朝日を数十秒見つめるところから始めてもいいだろう。

 

松果体を活性化させる方法8 【ヨガ】

ヨガの中でも、特に「クンダリーニヨガ」は松果体を活性化させると言われている。

 

松果体を活性化させる方法9 【瞑想】

瞑想はヨガの行法であり、こちらも松果体を活性化させると考えられている。

 

松果体を活性化させる方法10 【4000~6000Hz周波数帯の自然音】

研究論文によると、528Hzや963hzのソルフェジオ周波数や、4000~6000Hzの高周波数は松果体を活性化させると考えられている。YouTubeなどのソルフェジオ周波数は測定すると偽物ばかりなので注意が必要だ。

モーツァルトの楽曲や鳥のさえずりや川のせせらぎ、木々のせせらぎ、虫の鳴き声などの自然環境音が4000~6000Hzの周波数帯やそれに近いものが多く、松果体を活性化させると考えられている。

偽物のソルフェジオ周波数よりも、自分が本当に心地よいと感じる自然音を聴いた方がいい。

 

松果体を活性化させる方法11 【深呼吸】

深呼吸して各臓器の細胞の隅々まで新鮮な酸素を供給すると脳や松果体にも酸素が供給されて松果体も活性化すると考えられる。人間は80%以上空気を食べて生きているので、生活環境にも気を配りたい。

 

松果体を活性化させる方法12 【きれいな浄水】

水は世界で最も健康な食品のトップ3に毎年ランクインする。食事だけではく、空気と水にもこだわろう。塩素は松果体を石灰化させるので浄水器にかけた水を飲もう。ちなみにミネラルウォーターの安全基準は日本の水道水の基準よりも規制が緩いので、意外かもしれないが、ミネラルウォーターよりも水道水の方が安全だ。

 

松果体を活性化させる方法13 【日用品や食品などの生活習慣】

フッ素や添加物、塩素、タバコやアルコール、加工された食品、焼く、炒める、揚げるなどの糖化した食品、排気ガスなど汚れた空気をできるだけ避けよう。松果体活性化も生活習慣の改善から始まる。

松果体を活性化する方法

  • ファスティング
  • 瞑想
  • ヨガ
  • 太陽凝視
  • 呼吸法
  • 珪素(ケイ素、シリカ)
  • 松果体が活性化するイメージをする
  • 528Hzや963Hzのソルフェジオ周波数
  • 自然音
  • 適度なフィチン酸の摂取(過剰摂取に注意)
  • スギナ茶
  • ミネラルたっぷりの自然塩
  • クロレラ
  • スピルリナ
  • ミルクシスル
  • モリンガ
  • 銀杏
  • アロエ
  • ターメリック
  • 黒ニンニク
  • ダークチョコレート
  • マクロビオティック(玄米菜食)
  • 抗酸化作用のある食品の摂取
  • ファスティングでデトックス
  • フラーレン呼吸法

まとめ

こちらの記事は作成途中なので随時追記していきます。

-松果体とは, 松果体を活性化する方法
-

© 2021 松果体活性化研究所 | 松果体ハッカーこーせいYAP